チートデイに食べるべき物?そんなの食べたい物で良い!





LIB-blog

どうもこんにちは、ジュン(@Jun Tanaka)です。

以前、チートデイに根拠は無いと言う記事を書きましたが

   

チートデイを入れるとして何を摂取すべきか分からないと言う人も多いと思います。

結論から言えば、チートデイの日は好きな物を摂取することが良いです。

しかし、好きなものと言われても、ついつい気にしてしまうと言う人に向けて

今回は、チートデイに摂取すべき栄養についても説明していきます。

チートデイって何?

簡単に言うと、チートデイは「好きな物を何でも食べて良い日」です。

冒頭でも書きましたが、まずチートデイに科学的な根拠は無いとされています。

間で広まっている、間違ったチートデイの知識について。

ダイエットによって身体がカロリーの消費を抑えるので、たまにカロリーを多く摂取することで脳に「もう、カロリーの消費を元に戻して良いよ」というものですが、先程も言った様にこの様な現象は、科学的に証明されていないみたいです。

なので結果、チートデイは意味が無いです。

チートデイを入れる必要は?

基本的に、意味が無いとされているチートデイを入れる必要は有ると思います。それは、、、

精神的なストレスからの解放

チートは「ズル」と言う意味ですが、その通り「ズル」をします。

仕事にも休日が有りますよね。休みなく働くと例え肉体は大丈夫でも精神が疲労してしまいます。

ダイエットも同じで、毎日トレーニングと減量ばかりだと精神的に疲れてしまうので、1〜2週間に1回チートデイを設ける事で、ストレスを減らしダイエットのモチベーションを保ちやすくなります。

チートデイの日に摂ると良い食べ物は?

チートデイは、好きな物を食べると前提して、もし気になると言う人は炭水化物を中心に摂取する事をオススメします。

ダイエットの時は糖質を制限していると思うので、「お米」や「パン類」が良いでしょう。

   

どうしてもジャンクなどは悪い栄養素を摂ってしまうので、エネルギーに変換しやすい炭水化物を中心に摂るのが良いです。

更に気にするなら、脂質は抑えた方が良いです。

ただチートデイなので、基本は「気にしない」を思考に置いていると良いです。

最後に

最後は、今日のまとめをしておこうと思います。

 

・チートデイに根拠は無いがダイエットを成功させる為に取り入れると良い

 

・チートデイは1〜2週間に1回のみ

 

・チートデイは基本的に好きな物を自由に食べる事を心がける

 

・もしも気にする、と言う人は「お米」や「パン類」を中心に摂取する

 

・最後に、、、1日くらいカロリーなんて気にせず食べましょー笑

   

   

最後まで見て頂き有難うございました。次回お会いしましょう!それではまた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です