「GanRiver SW336 」レビュー!コスパ抜群、格安スマートウォッチ





「GanRiver SW336 」レビュー!コスパ抜群、格安スマートウォッチ

どうもこんにちは、ジュン@Jun Tanakaです。

以前使用していた「semiro」のスマートウォッチのベルト部分が壊れてしまったので、これを機に買い換えようと思い。

今回は、格安スマートウォッチ「GunRiver SW336」を購入したので、商品レビューをしていきたいと思います。

以前のスマートウォッチについてはこちらに書いているので合わせてどうぞ。

この、スマートウォッチはコスパも良く軽量・防水そしてブレスレット型なので、スポーツやアウトドアにおすすめです。

格安なのに、機能性抜群やねー

奥さん

ジュン

リストバンド型で軽いから、ランニングにも使い易いねん

「GanRiver SW336 スマートウォッチ」価格・性能

まずは基本的な、価格・情報を紹介して行こうと思います。では

価格

購入価格:3900円

私は、Amazonで購入したので価格に誤差は有るかもしれませんが、3900円前後

スマートウォッチで3000円代はコスパがいいです。

「GanRiver SW336 スマートウォッチ」基本性能

基本性能を表にしてまとめました。

ディスプレイサイズ0.96インチIPS
スクリーンTFT LCD カラースクリーン
本体重量23gバッテリー
防塵・防水性能IP68防水レベル
電池容量90mAh
適応機種Android4.4/iOS 8.0以上 Bluetooth4.0対応スマートフォン

といった風な性能なっています。

では次は気になる性能の詳細にいきましょう。

「GanRiver SW336 スマートウォッチ」性能の詳細

皆さんが気になる防水や電池の持ちなどを説明していきます。

防塵・防水性能「IP68防水レベル」とは

「IP68」は防塵・防水性能の表記になっていて68の「6」が防塵レベルになっており、防塵の「6」は防塵最高性能となっているので砂などが掛かっても安心です。

「8」は防水レベルになっており、防水の「8」は最高性能で潜水時の防水性能となっています。付けたまま手を洗ったり雨が降っても大丈夫です。

注意
しかし、お湯やサウナなど高温はダメです。

稼働時間や充電時間は?

個人の体感になりますが、常時使用していて3、4日は稼働します。

充電時間は1時間でバッテリー満タンになるので、3、4日付けて1時間充電するといった非常に手軽なので、お風呂の時に充電するのがおすすめ。

本体重量が抜群に軽い!

時計 重量

何よりコレが1番おすすめのポイントで

本体重量が23gなので殆ど着けた感覚がないので、ランニングの時や子供とのアウトドアに使い勝手が抜群です。

MEMO
普通の時計は100g以上する場合が大半なので、約4分の1の重量

メールなどの通知や内容を確認できる

スマートウォッチでは定番の機能ですが、このスマートウォッチにも搭載されていて、バイブで通知を知らせてくれて、最新の通知一件の内容まで見ることができるので、仕事中やあまり手が離せない時などに、重要か重要じゃないかを見ることが出来るので結構助かります。

「GanRiver SW336 スマートウォッチ」の使用感

私は、ランニングと仕事の時に使用していますが、バッテリーの持ちも良く、通知機能・傾け時間表示が便利で、ほぼ毎日使用しています。

後は、心拍数表示が面白いです!おおよその数値では有りますが、ランニング時に心拍数を確認する事が出来るので、ペースの調整などし易いのでランニングをこれからやろうという人にはおすすめです。

ランニングの心拍数やおすすめのランニングについてはこちら

「GanRiver SW336」スマートウォッチ まとめ

最後に商品の大まかなまとめをします

  • 価格:3900円 とコスパ抜群
  • 稼働時間・3、4日/充電・約1時間
  • 本体重量・23g
  • 通知・バイブ&最新1件の内容まで確認
  • 防塵・防水性能が優秀

といった内容でした。

最後まで見て頂き有難うございます。ジュン(@Jun Tanaka)でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です