【筋トレ初心者】肩の厚みをだす、ショルダープレスのやり方

ショルダープレス





【筋トレ初心者】肩の厚みをだす、ショルダープレスのやり方


ショルダープレス
   

【筋トレ初心者】肩の厚みをだす、ショルダープレスのやり方

どうもこんにちは、ジュン(@Jun Tanaka)です。

男性が服を着こなす身体の条件は、程よい筋肉だと思いますが、その中でも肩の筋肉って結構重要だと思っていて、程よく肩幅が無いと服をカッコよく着こなせないんですよね。

ファッションモデルさんの様な容姿があれば別ですが、、、

なのでカッコいい体型になる為にも今回は、肩のトレーニングで定番の「ショルダープレス」を紹介していきます。

「肩幅が骨格的に狭いんだよなー」って人でも鍛えればある程度広くなるので、頑張ってかっこいいシルエットを手に入れましょう。



ショルダープレスって何?鍛えられる部位は?

女性背中

ショルダープレスは、主に肩にある三角筋を鍛えるトレーニングで、肩に丸みを出すトレーニングです。

ショルダープレスには、ダンベルショルダープレスとバーベルショルダープレスの2種類有り、家で行う場合はスペースと安全面の問題で、ダンベルショルダープレスをおすすめします。

ジムに通っている、これから通う人は、潰れても安全なスミスマシンで高重量で行うのがいいでしょう。

ショルダープレスのやり方

  1. 椅子(ベンチ台)に座りダンベルを左右の足元にセットする
  2. ダンベルを持ち上げて、肘を曲げて顔の高さにセットする
  3. 肩をすくめない(僧帽筋を上げない)様に意識しながら真上に持ち上げる
  4. ロックしない様に、上がり切る手前で止め、2の状態に戻す
  5. 以降これを繰り返す

おすすめの回数・セット数

おすすめの回数ですが、基本的に肩はデリケートで怪我をしやすいので、ガンガンやりこむのは上級者からで、初心者はフォームと土台作りのために低負荷、高回数がおすすめです。

10〜20kg×10~20回 3セット

はじめはこの位の回数から始めてみましょう。

おすすめの動画

【参考動画】

必要な道具

ダンベル&プレート

   

ダンベル 【最新進化版・3in1】Wolfyok 純鋼製アレー アレイ 20kgセット(10kgx2) バーベル 錆びない 筋トレ ウェイトトレーニング器具 ダイエット 無臭素材 床傷防止

ダンベルはシャフトとプレートが別々になっている物をオススメします。

理由は取り外し式の物なら1つで色々なトレーニングに対応できるからです。

取り外し式にすることで、シャフトは2つで済むので金銭的にも取り外し式の方がオススメです。

トレーニングベンチ

ファイティングロード Co., Ltd. (FIGHTINGROAD Co., Ltd.) ハードベンチ

僕が使っているのも、これと同じです。

やっぱりホームトレーニーの悩みは場所を取る事なので折りたためるのは助かります。

ショルダープレスに関しては、普通の椅子でも充分トレーニングできるのでベンチ台はあっても無くても大丈夫です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です