【初心者向け】腹斜筋を鍛えるサイドベントのやり方!





LIB-blog

どうもこんにちは、ジュン@Jun Tanakaです。

夏になるにつれて、気になるのは腹筋ではないでしょうか?

腹筋は大きく分けて腹直筋(前面)と腹斜筋(側面)の2種類ですが、今回はウエストを引き締めるのに必要な腹斜筋を鍛える「サイドベント」のやり方を紹介していきます。

サイドベントとは

サイドベントは、ダンベルかケーブルを使用して鍛える腹斜筋トレーニングです。

高重量で行えるトレーニングなので、高重量でトレーニングを行う場合は腹圧をしっかりと

ダンベルとケーブルはこちら。

IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40KGセット (片手20kg×2個) 筋トレ ダイエット ダイエット器具 トレーニング ベンチプレス 筋肉

adidas(アディダス) トレーニングパワーチューブ レベル3 ADTB-10603

腹斜筋は通常の腹筋トレーニングでは刺激が入りにくい部分なので、サイドベントやサイドプランクなどで鍛える必要があります。

サイドベントの効果は?

サイドベントで得られる効果は、主に腹斜筋・腹直筋を主に鍛えることができるトレーニングです。

ウエストを引き締める効果がありますが、高重量でトレーニングをするとウエストが太くなるので低重量、高回数のトレーニングメニューがおすすめです。

サイドベントの正しいやり方

  1. ダンベルを片手に持ち、足を肩幅に開く
  2. ダンベルを持っていない手を頭の後ろに置き、腹斜筋を意識する
  3. ダンベルを持っている方向に身体を倒し、伸ばしきる
  4. 倒し切ったらゆっくりと元のポジションに戻す

サイドベントのワンポイント

 

腹圧を毎回かける事で怪我の予防&代謝を上げる

 

腕を拳一つ分離す事で負荷が逃げないようにする

   

   
   

サイドベントの回数、重量設定

   

ウエストを引き締める事を目的とした時、重量はあまり重くしない方がいいです。

   

MAXの50%程の重量で20回×3set

   
   

トレーニング動画

   

【参考動画】

   


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です